こんばんは!
シナリオ担当の呉です。

前回の日記の続きになります。
“学園アクションスリラー”と銘打った今作ですが、ヒロインとの恋愛描写も
第二部においてきっちり描かれています。その意味とは…

殺伐とした第一部とは打って変わって、第二部ではデートやらHやらと、
甘々なシーンが続いていきます。
が、これはなにもオマケ的な要素として入れたわけではありません。
体験版第一弾をプレイしてくれた人は分かると思いますが、
今作の主人公は心に深い傷を負っているわけです。
復讐という暗い炎を、胸の奥でメラメラ燃やしているわけです。
言ってみれば主人公は“修羅”というやつで、彼もまた、宿敵と対になる妄執を抱えています。

そこからの解放と再生までも描くこと。
それが、「サクラノモリ†ドリーマーズ」で最初から企図していたテーマでした。

具体的にいって再生って? と考えたときに、やはり可愛い女の子も出てくるエロゲーですからね。
相思相愛となったヒロインが、主人公のそばに寄り添い、まるで慈雨のごとく、干涸らびた心を
よみがえらせてくれる……というのが、第二部では描かれていくことになります。
元は良くも悪くもあまり青年らしくなかった主人公が、男の子として、素直に欲求を出せるようになる。
そこはもちろん、18禁商業作品としてエロに絡めているわけですが、
主人公の「生き返った」姿は、そこに至る過程も含めて、ユーザーの皆さんに納得いただけるものと
思っています。


さて、ちょっと話は変わって、今作でのお気に入りのヒロインは暮羽です。
外見のイメージとは裏腹にボケ担当で、ちょっと抜けた言動が好きですね。
こんな感じ。
名称未設定 1

それではまた~