こんばんは!
シナリオ担当の呉です。

週末は好天に誘われてサイクリングに行ってきたのですが、なんと。家を出るちょうどそのときになって眼鏡が壊れてしまいました^^;
まぁ乗ってる最中に壊れるよりはずっとましで、その意味では不幸中の幸いみたいな話ではあったのですが。ていうか、眼鏡がなくなったら本当に見えなくなってしまうし、マジで危ないところでした。
しかしその壊れた眼鏡もまだ3年くらいしか経っていないのに、ポッキリいくってどういうことなの…。会社にいる間は常にヘッドホンをかけているので、異常に負荷がかかってしまっているのでしょうか。
しょうがないので比較的頑丈そうなセルフレームを買いましたが、次はすぐに壊れなければいいんだけど。


話は変わって、次の作品について。いわゆるトゥルールートというものを入れたいと思ったんですよね。
個別のヒロインのお話は独立した形できちんと描写しつつ、それら個別のルートを前提としたトゥルールートのあるお話を描けないものか、と。個別があって、トゥルーへと繋がっていく。そういうお話ですね。
でも重要なのは、個別のお話がトゥルーに隷属しているわけでは決して無い、という点です。

自分が手がけた中では、もう10年前の作品になりますが、「何処あの」がまさにそうでした。ただあれはそもそもの話のプロットがそうなるように出来ているので、有りだと思っています。
だから、「何処あの」とはまた違った形で、トゥルーのある話を書きたいな……という、そんな心境です。

P1060236


念願のNexus7をゲット!(会社のお金で!)

もちろん遊ぶためではありません^^;
そのうち発表されますので、どうぞ楽しみに。

ではまた再来週に。