みなさんこんにちは、MOONSTONEのプロデューサー恋純ほたるです。

時代の流れをのり越えて、スタッフ日記が2になって帰ってきました!
staff01
 ※前にやっていたスタッフ日記

「スタッフ日記やろうぜ!」と言う話が突然出て、火曜~金曜はほぼ日替わりで、
スタッフの日記?というかブログを始める事になりました!
マジか……!?い、いそがしいんスけど(>_<)

ローテーションはこちら
火 恋純ほたる (プロデューサー)
水 エーキチ (CG)
木 桜坂つちゆ (原画)
金 伊東ライフ (原画)
月 えんどり (CG)
火 呉 (シナリオ)
水 もっち雪 (3D)
木 rastel (CG)
金 やまかぜ嵐 (原画)

という感じで、開発に支障の無い範囲で更新していきます。

ユーザーのみなさんに近親そうk
……じゃなかった、親近感を持って貰えたらいいなと思います(^^)


さて


第一回目、何を書こうか・・・っていうかblogなんて久しぶり――
アキバblogさんでコラムやってた時以来なので2年近くぶり

……えっ…に、二年!?

オソロシス。

ま、まぁ、当たり障り無く、自己紹介+新作Love Sweetsやその他のラインの状況なども
出していこうと思います。


さてさて、気を取り直してまずは自己紹介から

■自己紹介
origin12798730456992

恋純ほたる(こいずみほたる)またはkoihota
というペンネームで、エロゲー(希に一般ゲー)をクリエイトをしています。
作品全体の管理、監修、お金に関わる事までやっています。
プロデューサー兼ディレクターと言う立ち位置かも…
なので毎日やっている事が違います(^^;

自社以外のゲームは、パズドラとモンハンをチョコチョコ?やっています。
モンハンは2キャラ目がHR70くらい、パズドラは480日目くらい……orz
で、多趣味なのでやってる事がころころ変わります。
詳しくはこちら

■開発環境紹介
開発環境
 ※デスクの様子

いろんな作業を行うので、机の上にいろんな物が乗っています・・・開発中盤なのでちょっとキタナイ(^^;
主にWindows7のマシンで、CGや音楽、映像、書類作業、iPadでスケジュール管理と会議のメモをとったりしています。
XPやVISTAは旧メインマシンで現在はデバッグ用で、MacはiPhoneアプリのチェック用などに使用しています。

PCゲームの制作ではCGのリソースが多いのでPhotoshopをよく使いますね。
あとは、音もわりとよく編集するので、AdobeのAuditionも使用頻度が高めです。

■開発状況
 LoveSweets開発状況01
 ※スクリプト作業画面

マジルナの次はCherryの新作じゃないの?と思われた方も多いと思います。

MOONSTONEでは、現在3つの開発ラインがこんな感じで動いています。

Love Sweets (MOONSTONE)
・伊東ライフの新作 (MOONSTONE Cherry)
・やまかぜ嵐&呉の新作 (MOONSTONE) 

・Love Sweets 
Love Sweetsではブランドを新設する案もありましたが、萌え系の作風なので
MOONSTONEから出す事にしました。
今後分けていく事もあるかもしれません。

そんなLove Sweetsですが、開発中盤と言った所で、スクリプト(演出)作業をガンガン進めています。
揃っていない部材はCG位ですので、CGが予定通り終わればスクリプトを組み込んで完成と言う感じです。
そのスクリプトも共通ルートはほぼ終わっているので、各キャラのルートを中心に作業を進めていく感じです。
概ね予定通りですね(^^)

進行状況はおいといて、今作はキャラの会話が面白いです。
音声収録の際も音響ディレクターさんと一緒に思わず笑ってしまったりもw
やー、特殊な設定のない学園物は久々と言うか始めてで、作っていて新鮮で楽しいです(^^)

また、まだチラシや雑誌でしか公開していませんが、一緒にいこっ!システムなるモノがあります。
ヒロインと肩を並べて会話しながら通学できちゃいます!
マジスキでも似たような事をやっていますが、究極進化しました。
続報をお楽しみに。

ちなみに、Cherryの作り方を取り入れてみたので、エッチシーンもいつもより多めになっています。

・伊東ライフの新作
Cherryブランドのエロエロな感じの物を作っています。
着々と進行しています。
伊東ライフが日記でポロリ話をしてくれるかもしれません。

・やまかぜ嵐&呉の新作
これこそ原点回帰といった感じになると思います。
個人的にもワクワクしています。マジで。

っという感じで、現在3本制作しています。
他の2本もいずれ表に出てくると思いますので、楽しみにお待ち下さい。

それでは、また。


written by 恋純ほたる