こんばんは!
シナリオ担当の呉です。

ムーンストーンは本日が一年の仕事納めでした。
「夏の色のノスタルジア」は金曜日に無事マスターアップを迎えたわけですが、何か不測の事態が起こったときの予備として、今日も営業日になっていたんですね。オオ、なんて秀逸なスケジュール管理だ(^^;

本年もたいへんお世話になりました。
来年も引き続き、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします……なにしろ、発売は1月ですからね。

さて、先日体験版がリリースされた「夏の色のノスタルジア」ですが、楽しんでもらえていますでしょうか。
ヒロインルートに入ると、物語は意外な方向へと転がっていきます。それはたぶん、第1章の内容から想像されるのとは、だいぶ異なったストーリーになっていると思うのですが……その辺は、実際にプレイしてのお楽しみですね。
「予想は裏切り、期待は裏切らない」というふうに行けばいいのですが。

今回の制作を振り返ってみると、シナリオがだいぶ早く上がったこともあって、「あ、ここに欲しいな」と思ったところにイベント絵を配置できたような気がしますね。
通常、イベント絵は、プロットができたあたりの段階で発注されるのですが(じゃないと全体の制作が間に合わなくなる)、やはり実際に書いてみないことにはいまいち掴めないところもあります。
結局時間切れになってしまう場合もあるわけですが、早く終われば、それだけ絵の発注の変更・組み替えも可能となる……というわけなんですね。
なので、今回はちょうどいいあんばいになっていると思いますが……さて、いかがでしょうか。

他にもいろいろと振り返りたいことはありますが、とりあえず今回はこのへんで。
それでは皆様、よいお年を~。