コミケも終わって気分的には秋到来!? もっち雪です
まだまだ暑いですが、子供の頃からお盆を過ぎると特に時間が過ぎるのが速いのですよね。

今回は動画シーンに関係する素材や書類のあれこれを
ムーンストーンではこんな感じの書類をコンテとして扱っているのですが・・・
14082001
これ、PSDのレイヤの組み合わせの指定がメインで動画に必要なシーンの流れが分からないのですよね
なので、一旦シナリオを読み直して全体の流れや 切り替えが必要なパーツをメモとして書き起します
14082002
マ○コ挿入した後 アナル挿入なんてシーンもあったり、手を置き換えたりすることがあるので
ここで全体を把握しておかないと 作り直しで発狂する羽目になります。 というか壊れかけました

シナリオ眺めてパーツ構成と動きの検討をしてたら
塗り上ってきたものを動きの違うパーツ毎に分けて 動きをつけるための3Dソフトに読み込みます
14082003
このシーンで60個前後と比較的少ない方ですが、
一個一個設定していたのでは 死んでしまうので、ここは設定ファイルに従って自動処理をするようになってます
これとは別に汁が流れる動きをつけるために流れる動きをつけた動画素材も作成して読み込みます

3Dソフト内の素材をだいたい表示してみるとこんな感じになります。
 14082004
下の絵の並んでいるものが3Dソフトから出力する動画なのですが
元の絵と同じ見た目のものを動かすために この時点でも動画素材が20種類を超えることも多いです

最後に動画編集ソフトに読み込んでパーツを組み上げるとシーンの完成です
14082005
 ここでもフルHD×2程度では全体を表示することはできませんね

そんなこんなで、素材だけで1シーン毎にDVD一枚分ぐらいのデータを貯め込みつつ
マシンはいつもフルパワーです。
ぎゅぎゅ~っと濃縮した濃いのを早く皆様の元にお届けしたいです。